Lesson概要

cobitでログイン後、Excelに用意したデータを利用した繰り返し処理を学びます。

🎖️POINT
 cobitでは、URLや検索キーワードをExcelに用意しておくことで、複数のデータ取得を簡単に行うことができます。

このLessonで学べること

Excelやスプレッドシート内のデータを利用した繰り返し処理の方法

作成するロボット

ExcelのA列に用意したURLを上から順に開き、表示されたページのスクリーンショットを取得します。そして、B列に用意したファイル名でスクリーンショットを保存します。

Webサイト

https://cobit-learning.biztex.co.jp

メールアドレス、ログインパスワード

メールアドレス:cobit@cobit.com
パスワード:cobitcobit

解説動画

解説テキスト

1. 利用するExcelファイルを指定して、ロボットを新規作成します。

 ※操作手順が不明な場合は、Lesson3を確認してください。
 ここからExcelファイルをダウンロードできます。

2. cobit編集画面から、以下のWebサイトにアクセスします [URLを開く]

 https://cobit-learning.biztex.co.jp/

 ※操作手順が不明な場合は、Lesson1を確認してください。

3. ユーザー名、パスワードを入力します [テキストの入力]

 メールアドレス:cobit@cobit.com
 パスワード:cobitcobit

 ※操作手順が不明な場合は、Lesson2を確認してください。

4. 「ログイン」ボタンをクリックします [クリック]

 ※操作手順が不明な場合は、Lesson2を確認してください。

5. Excelの読みこみ設定を行います[繰り返しの設定]

 操作手順

 

 a. [繰り返しの設定]ステップを選択します。

 b. 名前を入力します。
  ※今回は「繰り返しの設定」と入力してください。

 c. 列の名前を入力して、URL列をクリックします。
  ※今回は「URL」と入力してください。

  緑色にハイライトされ、右上に入力した文字列が反映されます。

 d. 「+」ボタンをクリックして、列を追加します。

  「+」ボタンをクリックすると、2列目が表示されます。

 e. 列の名前を入力して、「ファイル名」列をクリックします。
  ※今回は「ファイル名」と入力してください。

 f. 「ヘッダー行の除去」のチェックボックスをクリックします。

 g. 「決定」ボタンで終了します。


 h. 「開始位置をずらす」に「0」、「上限回数」に「10000」と初期表示されていることを確認して、再度「保存」ボタンを押下します。

■開始位置をずらす
 繰り返しの開始位置をずらします。入力した数値分だけページがスキップされます。
■回数上限
 繰り返すページ数を入力します。 最大値(10000)を入力すると、最終ページまで繰り返します。

※「開始位置に取得テキストを使う」をチェックすると、「取得したテキスト」の数値を使う事が出来ます。

 i. 「Excelなどの繰り返し」の白枠が表示されたことを確認して下さい。

6. Excelから読みこんだURLを開く

 操作手順

 a. URL入力欄の右端にあるアイコン(赤で囲った箇所)をクリックします。


 b. セレクトボックスの中から「URL」を選択します。

 c. 「選択」ボタンをクリックします。

7. ファイル名を指定してスクショを取得します。[スクリーンショットの取得]


操作手順

 a. 「+」ボタンをクリックします。

 b. 上から5番目の「スクリーンショット」を選択します。

 c. 「ファイル名を選択」をクリックします。


 d. セレクトボックスの中から「ファイル名」を選択します。


 e. 「選択」をクリックします。

 f. ステップ完成後、白枠の外で「ここまで実行する」をクリックします。

8. 「ログアウト」ボタンをクリックします [クリック]

 ※操作手順が不明な場合は、Lesson2を確認してください。

9. 編集を終了して、ロボットを実行します。

 ※操作手順が不明な場合は、Lesson1を確認してください。

完成フロー図

実行結果

次のLessonへ進む→

回答が見つかりましたか?