この記事は、約5分で学習が完了します。

Lesson概要

下記のように、複数ページにわたるWebサイトの各ページからテキストを一括取得し、Excelファイルにまとめて出力する方法を学びます。

🎖️POINT
 上記のような複数のページへのリンク群を「ページネーション」と言います。

このLessonで学べること

複数ページにわたる定型操作をカンタンに繰り返す方法

作成するロボット

以下のWebサイトの3ページ全ての1~5行目「番号」、詳細画面の「名前」「特技」を取得し、Excelファイルに全て出力するロボットを作成します。

Webサイト

https://cobit-learning.biztex.co.jp

メールアドレスとパスワード

メールアドレス:cobit@cobit.com
パスワード:cobitcobit

取得するテキスト

・番号(1~5行分×3ページ分)
・名前(1~5行分×3ページ分)
・特技(1~5行分×3ページ分)

出力結果のイメージ

最終的な出力結果のイメージは、以下のようになります。

解説動画

解説テキスト

1. 事前にExcelファイルを新規作成し、ローカルフォルダに保存します。

 ※手順が不明な場合は、Lesson3を確認してください。
 ここからExcelファイルをダウンロードできます。

2. 編集画面から、以下のWebサイトにアクセスします [URLを開く]

 https://cobit-learning.biztex.co.jp/

 ※手順が不明な場合は、Lesson1を確認してください。

3. メールアドレスとパスワードを入力します [テキストの入力] 

 メールアドレス:cobit@cobit.com
 パスワード:cobitcobit

 ※手順が不明な場合は、Lesson2を確認してください。

4. 「Login」ボタンをクリックします [クリック]

 ※手順が不明な場合は、Lesson2を確認してください。

5. ページの繰り返し設定を行います。[ページの繰り返し]


 操作手順

 a. 画面左側のフローにある「+」ボタンをクリックします

 b. [ページの繰り返し]を選択します。

 c. 名前を入力して保存します。
  今回は「ページの繰り返し」と入力して保存してください。

 d. 「Next」「次へ」「>」など、ページ遷移を意味するボタンにカーソルを合わせてクリックします。
  今回は「Next」をクリックします。

 e. 「抽出したボタン名」に「Next」と表示されたことが確認出来たら、「保存」ボタンをクリックします。

 f. 「保存」ボタンをクリックすると、画面中央にポップアップが表示されます。

  開始位置をずらす:「0」
  上限回数:「10000」
  と初期表示されていることを確認して、もう一度「保存」ボタンを押します。

■開始位置をずらす 
   繰り返しの開始位置を調整できます。入力した数値分だけ処理がスキップされます。
■回数上限
   繰り返しの上限数を入力します。 最大値(10000)を入力すると、ページの最後まで繰り返します。

※「開始位置に取得テキストを使う」をチェックすると、取得したテキストの数値を使うことが出来ます。

 g. 「ページの繰り返し」と書かれた白枠が表示されたことを確認して下さい。

6. [ページの繰り返し]の中で、ページ内での操作を設定します [繰り返しを抽出]

 ※手順が不明な場合は、Lesson4を確認してください。

7. 「番号」のテキストデータを取得します [テキストの取得]

 今回は「名前」に「番号」と入力してください。
 ※手順が不明な場合は、Lesson4を確認してください。

8. 1行目のデータの白枠部分をクリックして、ページ遷移します [クリック]

 ※手順が不明な場合は、Lesson2を確認してください。

9. 「名前」のテキストデータを取得します [テキストの取得]

 今回は「名前」と入力して保存してください。
 ※手順が不明な場合は、Lesson3を確認してください。

10. 9と同じように「特技」のテキストデータを取得します [テキストの取得]

 今回は「特技」と入力して保存してください。
 ※手順が不明な場合は、Lesson3を確認してください。

11. 詳細画面から元のページに戻ります。

 ※手順が不明な場合は、Lesson4を確認してください。

12. 白枠の下に現れる「ここまで実行する」をクリックして、オレンジの矢印を白枠の外に持っていきます。

 ※手順が不明な場合は、Lesson4を確認してください。

13. 取得したテキストをExcelファイルに出力します [ファイルに出力]

 ※手順が不明な場合は、Lesson5を確認してください。

14. 「Logout」ボタンをクリックします [クリック]

 ※手順が不明な場合は、Lesson2を確認してください。

15. 編集を終了して、ロボットを実行します

 ※手順が不明な場合は、Lesson1を確認してください。

完成フロー図

実行結果

詳細画面からExcelファイルをダウンロードして、「番号」「名前」「特技」がそれぞれ15行分(3ページ分)出力されていたら成功です!

さらにやってみよう!

下記のように、「ひとこと」と「URL」も出力した一覧表を作るにはどうすればよいでしょうか?Lesson6で作成したロボットを元に、ステップを追加して作成してみましょう!

次のLessonへ進む→

回答が見つかりましたか?