この記事は、約5分で学習が完了します。

Lesson概要

Webサイトに表示されている複数のテキストを一括取得し、Excelファイルに出力する方法を学びます。

このLessonで学べること

データテーブルや一覧表など、ページ上に規則的に並んでいるテキストの一括取得を行う方法

作成するロボット

以下のWebサイトの1~5行目の「番号」を一括取得して、Excelファイルに全て出力するロボットを作成します。

Webサイト

https://cobit-learning.biztex.co.jp

メールアドレスとパスワード

メールアドレス:cobit@cobit.com
パスワード:cobitcobit

取得するテキスト

・番号(1~5行分)

出力結果のイメージ

最終的な出力結果のイメージは、以下のようになります。

解説動画

解説テキスト

1. 事前にExcelファイルを新規作成し、ローカルフォルダに保存します。

 ※今回は、A1セルに「番号」と入力して保存して下さい。
  ここからExcelファイルをダウンロードできます。

2. ロボットの新規作成時に、出力用のExcelファイルを登録します。

 ※手順が不明な場合は、Lesson3を確認してください。

3. 編集画面から、以下のWebサイトにアクセスします [URLを開く]

 https://cobit-learning.biztex.co.jp/

 ※手順が不明な場合は、Lesson1を確認してください。

4. メールアドレスとパスワードを入力します [テキストの入力]

  メールアドレス:cobit@cobit.com
  パスワード:cobitcobit

 ※手順が不明な場合は、Lesson2を確認してください。

5. 「Login」ボタンをクリックします [クリック]

 ※手順が不明な場合は、Lesson2を確認してください。

6. 一括取得を行う範囲を指定します [繰り返しを抽出]

 操作手順

 a. 1行目のデータの白枠部分をクリックします。


 b. 編集画面の左側に機能一覧が表示されるので、[繰り返しの抽出]を選択します。

 c. 候補が緑色でハイライトされるので、緑色になっている箇所(どこでも可)をクリックします。


 d. 対象範囲がオレンジ色でハイライトされていることを確認します。


 e. 名前を入力します。
  ※今回は「繰り返しの抽出」と入力してください。

 f. 「保存」ボタンをクリックすると、画面中央にポップアップが表示されます。
  ・開始位置をずらす:「0」
  ・上限回数:「10000」
と表示されていることを確認して、もう一度「保存」ボタンをクリックします。

■開始位置をずらす
 繰り返しの開始位置を調整できます。入力した数値分だけ処理がスキップされます。
■回数上限
 繰り返しの上限数を入力します。 最大値(10000)を入力すると、ページの最後まで繰り返します。

※「開始位置に取得テキストを使う」をチェックすると、取得したテキストの数値を使うことが出来ます。

 g. 「抽出要素の繰り返し」と書かれた枠が表示されていることを確認して下さい。

7. 「番号」のテキストデータを取得します [テキストの取得]


 操作手順

 a. 取得したいテキストにカーソルを当てた状態でクリックします。
  ※今回は「番号」にカーソルを当ててクリックしてください。

 b. 編集画面の左側に機能一覧が表示されるので、[テキストの取得]を選択します。

 c. 「名前を入力」を選択します。

 d. 任意の名前を入力します。
  ※今回は「番号」と入力してください。

 e. 「保存」ボタンをクリックします。

 f. [テキストの取得]の緑枠の中に「05495855」と表示されたことを確認して下さい。

🎖️POINT
実行時は、「抽出要素の繰り返し」の中に入れたステップが繰り返し実行されます。

8. ファイル出力の準備に移ります。

 操作手順

 a. [抽出要素の繰り返し]の直下にカーソルを合わせます。

 b. 「ここまで実行する」と表示されるのでクリックします。

 c. クリックした後、オレンジの矢印が[抽出要素の繰り返し]の白枠の下に移動していればOKです。

9. 一括取得したテキストをExcelファイルに出力します [ファイルに出力]

 操作手順

 a. 画面左側のフローにある「+」ボタンをクリックします。


 b. 機能一覧の中から、[ファイルに出力]を選択します。

 c. 「ファイルの選択」プルダウンボックスから、出力先のExcelファイル名を選択してクリックします。

 ※手順が不明な場合は、Lesson3を確認してください。

 d. 「名前」プルダウンボックスから、Excelファイルに出力したい名前を選択します。
 ※今回は「繰り返しの抽出」を選択してください。

 e. 「プレビュー」欄に、[抽出要素の繰り返し]で取得した「番号」が表示されるので、クリックして選択します。

■出力タイプ
 「一列」:プレビュー欄に表示されている名前のうち、選択した名前の列のみ出力する場合に選択します。
 「全て」:プレビュー欄に表示されている名前全てを出力する場合に選択します。

■出力する方向
 「下」:下方向(縦)に出力する場合に選択します。
 「右」:右方向(横)に出力する場合に選択します。

 f. ExcelシートのA2セルを選択します。

 g. 「追加」ボタンをクリックします。

 h. A2セルの右上に名前(今回は「繰り返しの抽出/0」)が表示され、縦4行分の灰色の枠(出力予定位置)が出力されたのを確認して、「閉じる」ボタンをクリックします。

🎖️POINT
 名前が途中で見切れている場合は、該当部分にカーソルを当てて表示されるヘルプ表示より確認することが可能です。

10. 「Logout」ボタンをクリックします [クリック]

 ※手順が不明な場合は、Lesson2を確認してください。

11. 編集を終了して、ロボットを実行します。

 ※手順が不明な場合は、Lesson1を確認してください。

完成フロー図

実行結果

詳細画面からExcelファイルをダウンロードして、「番号」列に5行分データが出力されていたら成功です!

次のLessonへ進む→

回答が見つかりましたか?